読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なむなむブログ

京大薬学部4年生。書評、京都観光、考えたことをつらつらと。

MENU

ハンバーガーを24秒で食べたら人生変わるんじゃね?

考えたこと

人間が生きていく上でどうしても避けられない食事。

どんなに忙しくてもご飯を食べないことには生きられない。

食事って準備や片付けも含めたらけっこう時間かかりますよね。

めんどくさい時は点滴してもらいたいと思うぐらいですが、咀嚼がないのでストレスで人間ダメになるらしい。

 

そう、食事時間の短縮は永遠の課題。

もし食事時間がなくなればめっちゃ活動できますよ。

 

 

そこで画期的な食べ物としてファーストフードが生まれました。

ファーストフード界の雄、ハンバーガーは安く早く手軽に食べれておいしい。

マクドナルドのハンバーガーは誰にとってもなじみのあるものですよね。

小さい頃の僕にとっては最高のごちそうだった覚えがあります。

 

 

f:id:namb_numb:20160114104458j:plain

 

ただ、ハンバーガーはファーストフードとはいうものの普通に食べても5分ほど、急いでも3分くらいはかかると思います。

 

そこで僕は思いました。

 

3分もかかってたらファーストフードじゃねえ!!

 

時間がない時に手軽に食べるのがウリなのに、ゆっくり味わう暇なんてない。(作ってくれてる店員さんゴメンなさい。)

 

本気で食べたらいったい何秒で食べれるんだ、、?

一人で全力で食べてもリミットをかけてしまって1分が限界でした。

 

『まだまだ自分はこんなもんじゃないはずだ。』

 

悶々としながらハンバーガーを食べる日々。

たまにはテリヤキバーガーも食べたい日々。

 

そんな僕にぴったりなイベントがありました。

 

ハンバーガー早食い大会

 

魔法にかかったロバという京都にあるバーで開催されていました。

ルールとしては

・マクドナルドのハンバーガー

・1個300円

・記録を更新すれば無料!!

・袋を開けた状態でスタート

・口の中が空になって「ごちそうさま!」と言った時点までを計測

・途中で水を飲むのはオーケー

 

現在の記録は50秒だそうで、マイベスト(約1分)を超えていました。

 

こんなにおもしろそうな企画を聞いてやらないはずはない、ということでもちろん挑戦しました。

できるだけ噛まずに飲み込んでいくスタイルで食べた(飲んだ)結果、、、

 

24秒!!!

 

ここまで早く食べれてこそファーストフードですね!!

ただ全く味を感じなかったり、お腹が苦しくなったりとデメリットの方が大きかったので、もうやりません。笑

 

ただ今回の結果から、本当に時間がない(食事に1分ほどしか割けない)けどご飯を食べたい時はマクドナルドに行けばいいんだと思えました。

 

24秒でハンバーガーを食べれたらほんのすこしだけ人生変わりそうです。

広告を非表示にする