なむなむブログ

京大薬学部4年生。書評、京都観光、考えたことをつらつらと。

MENU

【就活で内定が取れない人へ】よく考えたら無い内定でも困らないかもしれない話

こんにちは!

大学3年生はこれから就活を控えていて、希望通りの企業に行けるかなあと不安を抱いている人も多いと思います。

もしかしたら大学4年生で、就活が上手くいかなかった人もいるかもしれません。

今回は、そもそも就職する必要が本当にあるのかと考え直させられた本を紹介します。

 

ブロガーちきりんさんの書籍「未来の働き方を考えよう」です。

 

読んででまず思ったのは、

 

就活生(あるいは大学生)は全員読むべきだ!!!

 

ということでした。

 

 

最近は技術の進歩やグローバル化に従って

 

matome.naver.jp

 

 

getnews.jp

 

なんてことが言われていて、今ある仕事がどんどんなくなると予想されていますよね。

 

昔の理想の人生は今と大きくかけ離れている!?

f:id:namb_numb:20160118215816j:plain

 

今までなら一流大学に行って大企業に入り、社内政治を勝ち上がって出世して、60歳で定年を迎えたら退職金をもらってゆっくりと老後を過ごす、というのが最もよい人生であるとされていました。

親や親戚の期待通り、優秀な学生はみんなこのレールに乗るために努力していたのだと思います。

 

しかし現在は少子高齢化が進み、年金受給者に対して若者が少なくなるので、政府が年金を支給する年齢を上げることや定年を遅らせることが当然のこととして考えられます。

 

もし定年が70歳まで引き上げられれば、ゆっくりと過ごす老後の時間なんてほとんどなく、人生の大半を仕事に費やすことになります。しかも70歳間際まで満員電車に乗るなんて考えただけでもぞっとしますよね。

 

また、今まで絶対安心だと思われていた大企業が大幅なリストラを行ったり、工場を閉鎖したりしている現状を見ると、大企業にただぶら下がるだけで生きられた時代はもう終わったと思います。

 

そこで重要になってくるのが自分の人生をどうしたいのかということです。

ただ、ふつうに過ごしていると将来の生活や働き方をどうしたいかなんて考える余裕はありませんよね。

なので自分オリジナルの人生を設計するためには以下3つのステップが重要だそうなので参考にしてみてください。

 

1. 手に入れたい人生を明確にする。

f:id:namb_numb:20160118220240j:plain

 

自分が何をしている時が本当に幸せなのかを知らないことには思い通りの人生を設計することはできません。

 

極端に言えば、『自分は毎日ゲームを12時間できさえすれば幸せなんだ!!』ということに気づけた人は週5日フルタイムで働く必要はありませんよ。アルバイトで週3.4日働いて、ギリギリの生活費を稼げれば生活していけますし、この人にとってはかなり幸せな人生だと思います。幸せなんて結局のところ自己満足なので、世間の常識に合わせる必要はないのです。

 

でも実際には、人生においてやりたいことなんかわからないって人が99%だと思います。偉そうにこんなこと書いてる僕でも全くわからないです。今のところは興味を持ったことをとりあえずやってみたり、毎日どんな時が幸せなのかを考え続けることで見つかるんじゃないかと思っています。

 

 

2. 複数の将来シナリオを持つ。

f:id:namb_numb:20160118220431j:plain

 

今の自分の状態から、将来考えられうるキャリアを想定しておくということです。

小学生のころは、「医者」「弁護士」など特定の職業に就くことを将来の夢にしていたと思いますが、それではどんな働き方をするのか全くわかりません。僕のように薬学部を卒業しても、病院の薬剤師になったり製薬企業に入社したり大学に残って研究者になったりする人がいるように、多様な選択肢があります。

 

もし就活して、営業職になるのであれば

 

・新卒入社した企業で幹部になるために様々な部門を経験したい。

・様々な業界や外資系企業に転職して営業のプロフェッショナルを目指す。

・営業力を生かして技術者の仲間と企業する。

 

などのシナリオがあると思います。

1で述べた手に入れたい人生をもとに、どんなシナリオを選びたいのかを考え、意識的にキャリアを形成していくことが重要です。ただ世の中は変わりつつあるので、数年ごとにシナリオを考え直すことで、より自分の進みたい道を歩むことができるようになります。

 

3. 市場で稼ぐ力をつける。

f:id:namb_numb:20160118220522j:plain

市場から稼ぐ力がなければせっかく人生を設計しても、その通り生きていくことは難しいです。自営業や経営者は自分の給与が、誰が自分のサービスや商品に対して価値を感じて払っているのかを体感できます。

 

一方大企業になると自分の働きと給与は連動しておらず、自分の提供している価値がどうお金を生んでいるのかに気づくことが難しいです。なので出来るだけ市場に近いところで働くことが重要だということです。

 

では大企業や市場から遠いところで働いていたら市場を学べないのかというとそうではありません。メルカリなどのフリーマーケットアプリやヤフオクなどのオークションを利用することで、買い手がどういう点に価値を感じてお金を払うのかを学ぶことができますし、ブログでアクセスを集めたりTwitterでRTを集めるのも良いです。

 

僕もそれを学ぶためにこうやってブログを書いたり、最近ではメルカリを利用し始めましたが、どんな記事を書けばアクセスが増えるのか、商品をどう見せれば買い手が現れるのかなど、本当に勉強になることが多いので是非やった方がいいと思います。

 

まとめ

自分の人生や働き方をどうしたいかを考えることはほとんどないので、必死に考える時間をとることが大切だと思います。無思考になったら人生の主導権を失います。人生は有限であるということを強く意識して、後悔のないように生きたいものです。

もし本当にやりたいことが見つかって、それを達成するためには就職する必要がないならしなくても良いです。周りの目は気にしないでいましょう。

就活生はもちろんそうでなくても一度は読んでほしいです。

 

広告を非表示にする