読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なむなむブログ

京大薬学部4年生。書評、京都観光、考えたことをつらつらと。

MENU

最初はなんでも質より量!量が質に変わる。

お役立ち 考えたこと

まずは知識から!?

f:id:namb_numb:20160129090200j:plain

 

 

何か新しいことを始めるときって、ブログにしてもテニスにしても、上手くなりたい!と思ってハウツー本を読んだりしますよね。

 

で、その読んだ通りにやろうとすると、気をつけないといけないことが多すぎて、やるのが億劫になり、だんだん面倒くさくなって辞めてしまう。。。

 

なんてことってよくあります。

 

ぼくも元々、知識を入れてから始めるタイプだったので、頭でっかちになっていることが多かったです。

ボールを一回も打ったことがない時から、理論上では、テニスのフォームは錦織レベルだったと思います。笑

 

でも、実際にテニスを始めてみると、知識通りにはうまくいかないんですよね。

スピンのかけ方を知っていても、打点まで足をうまく運べなかったり、ラケットを振るタイミングを上手く計れなかったり。

 

実は、本やネットで手に入る知識って、もちろん役に立つんですが、断片的な情報になりがちなんです。さっきのテニスの例で言うと、ラケットを振るタイミングなんて本に書いてありませんよね笑

 

それって、質を上げようと思うあまり、量が圧倒的に足りていない状態です。

 

 

とにかくやってみる

 

f:id:namb_numb:20160129090327j:plain

 

ということに尽きます。

頭に入ってる知識は、実際にやってみるときにはあまり役に立ちません。

まずやってみて、自分に足りていない部分を本やネットで補う、という順番がよいです。

 

テニスで言うと、とりあえずラケットを持ってコートに入り、打ってみる。

ずっと繰り返していると、「自分はフットワークが悪いな」などと弱点が見えてきますよね。

そこで初めて「フットワークのトレーニング」みたいな本を読めばいいんです。

 

先に理論武装するより断然上達が早くなります。

 

 

上手くいかなくて当たり前

 

とにかくやってみるのが大切で、お手本通りにできているかなんて気にしなくていいです。最初から上手くできる人なんか絶対にいないですからね。

 

もし初心者で上手いやつがいたら、そいつは多分昔に経験したことを隠してると思うので、以降そんなやつの話はもう聞かなくていいです。(強引)

 

あまり悲観的に考えず、ひたすら練習を繰り返し、必要に応じて知識を入れる。始めたばかりの頃は、とにかく量を意識して増やしていくことが大切です。

 

量は質に変わる。一万時間の法則。

 

f:id:namb_numb:20160129090436j:plain

 

ビートルズは1万時間ステージに立った。ビルゲイツは1万時間プログラミングをした。

 

このように成功している人は、才能があったとも考えられるんですが、実は圧倒的に量をこなしているんですよね。

 

ビートルズでも楽器を始めたばかりの頃は楽譜も読めなかっただろうし、ビルゲイツも最初はタッチタイピングすらできなかったはずです笑

 

圧倒的な量をこなすことで自然と効率が良くなって質が上がり、上達していく。

まずは質を上げることより量をこなすことを意識したいものです。

 

まとめ

 

以上、質を高めようとすると逆に質が上がらないという話でした。ぼくもいつもは理論武装してから新しいことを始めるんですが、ブログに関してはまだ本を読まず、とにかくたくさん書くことを意識してます。さすがに1万記事は書けないので、まずは100記事!笑

 

namb-numb.hatenablog.com

 

広告を非表示にする