読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なむなむブログ

京大薬学部4年生。書評、京都観光、考えたことをつらつらと。

MENU

初めてパックしたら顔より小さすぎたので、誰が悪いのかを考えてみた。

乾燥が気になるこの季節。

男いえどもスキンケアはこだわりたいところですよね。

 

f:id:namb_numb:20160202221612j:plain

 

そこで、美意識の高い友達に聞くとパックがオススメだそうで、いいと思ったものにはすぐ食いつくぼく。

 

そう、『肌男』になるために初めてパックをしてみたんです。

 

今までは女性だけがやるものだと思って敬遠してたんですが、いよいよ挑戦してみました。

 

薬局で買って、お風呂上りにドキドキしながら開けてみました。

するとビチャビチャ(表現あってるかわからない)になったパックが。

 

うおおお保湿力高過ぎるしこれ顔に貼ったら速攻肌男なれる!!!

 

と期待に胸を膨らませながら、目、鼻、口と順番に合わせてみたところ、

 

輪郭全然カバーできてないし、なんやったらおでこも全然むき出しやあああ!!

 

と一人ショックを受けながら初パックを終えました。

 

カバーされてた部分は保湿されたんですが、むき出しの部分は当然カサカサ。

 

あんなにオススメだと聞いていたパックがこんな終わり方でいいのか。いやよくない。

 

そこで今回パックで顔をカバーしきれなかったのは誰が悪いのか突き止めて晒しあげてやろうということになりました。

 

 

容疑者1:メーカー

 

まずぼくの顔に合わないパックを作ったメーカーが悪いんじゃないかと。

あらゆる人の顔の形状を調査してパックを作っているはずなので、なぜぼくのところに調査に来なかったのかと。

もしかしてパックなんて、女性と美意識の高い小顔男子しかやらないものだと思って、ぼくを軽んじていたのか。

もしそうだとしたらメーカーの罪は重いですよ?

 

容疑者2:薬局の店員

 

ただ、メーカーがわざわざぼくの顔を調査するというのは実現性が低いと考えたので、次の容疑者はぼくの顔を実際に見ている店員です。

店員は実際にぼくの顔を見て、ぼくの選んだ商品をピッしてるんだから、

「あっこいつの顔にこのパックは小さいよ」

って気づいているはずです。

じゃあその時に言ってくれれば、あの期待感と絶望は味わわずに済んだのに。

こっちはレシートで名前わかってんだぜ?

 

容疑者3:ぼく

 

かといって薬局の店員さんはアルバイトだし、その商品について知らなかったり、ぼくがコワモテすぎて言えなかったかもしれません。

そこで浮上してくるのが、ぼくの顔がデカイという疑惑です。確かに、友達によく顔デカイとイジられてはいますが、規格外のデカさではないと信じてます。

いやでもイジられてたのけっこう昔だし、それから太ったし、最近テスト勉強でオールし続けたからむくんでるし、、まさか、、、

 

結論:たぶんぼくの顔がデカかった。

 

はい痩せます。パックはまたやるけど。

広告を非表示にする